大阪のおすすめ任意売却業者5選 » 競売通知が来たら手遅れ?任意売却のススメ » レベル2:1~3ヶ月

公開日: |最終更新日時:

レベル2:1~3ヶ月

急な減給や失業、その他ライフスタイルの変化によって、いままでと同じように住宅ローンを返済していくのが難しくなってしまうことがあるかもしれません。

しかし、そのまま住宅ローンを滞納し続けると、競売にかけられてしまうことも。

そんな自体を防ぐために、このページでは「1〜3ヶ月、住宅ローンを滞納してしまっている」という方に向けて対策やアドバイスをご紹介していきます。

1〜3ヶ月滞納してしまったらすぐにするべきこと

ローン返済のリスケジュールを相談してみる

まず、一番はじめにやるべきこととしては、債務者である借入をしている金融機関に対してローン返済のリスケジュールを相談してみること。

債務者側からしても、ローンを滞納されるくらいであれば、返済予定をリスケジュールするほうが負担が少ないのです。「そんなわがままが通るわけがない」と判断せず、誠意を持ってお願いをしてみましょう。

ちなみに、リスケジュールは「月々のローン返済額を減らして、返済期間を延長する措置」であり、ローンそのものの減額や免除をすることはできません。また、返済期間の延長に伴って利息の総支払額も増加しますので、最終的な支払額はリスケジュール前より増えます。

ですが、リスケジュールを行えばこれから先も不動産を手放さずに済んだり、ローンの滞納がないまま売却の手続きに進めたりしますので、リスケジュールによるメリットはかなり大きいですよ。

任意売却の手続きに進む

債務者に相談したもののリスケジュールができなかった場合や、リスケジュールをしてもこれから先の返済が難しいような場合は、速やかに任意売却の手続きに入りましょう。

住宅ローン滞納から競売手続きを行使されるまでの期間は、一般的に3ヶ月〜6ヶ月程度。期間は金融機関によって異なりますが、都市銀行や信用金庫からの借り入れの場合は「3ヶ月返済を滞納し、かつ督促を無視」、住宅金融支援機構の場合は「6ヶ月返済を滞納」と定められていることが多いです。

もたもたしているとあっという間に競売手続きが進み、任意売却をしたくてもできない事態になりかねません。任意売却は早く行動を起こすほどよい結果になりやすい傾向もありますので、すぐに任意売却の手続きに入るようにしてくださいね。

任意売却とは?

任意売却とは、その言葉の通り、不動産の所有者が自分の意思で不動産を売却することを指します。

ローンを滞納すると債務者によって不動産が差し押さえられ、競売にかけられてしまいます。そうなってしまう前に自分で売却の手続きを行い債務整理することを「任意売却」と呼ぶのです。

任意売却と競売の違い

競売では、不動産が相場よりも安い金額で売却されたり急な立ち退きを命じられたりします。それに対して、任意売却では相場に適した価格で売却することができたり、買主と交渉すればその家に住み続けられたり引き渡しの時期を調整することも可能。

以下の表では競売と任意売却の違いをまとめていますので、内容をチェックしておきましょう。

競売 任意売却
価格 市場相場の6〜8割程度 市場の相場に準ずる
売却期間 6〜8ヶ月 2〜6ヶ月
引き渡し時期 調整不可 調整可
費用負担 売却代金はすべて返済に充てられるので引越し・税金に費用がかかる 売却代金を返済・引越し・税金などに充てることができる
プライバシー 競売情報は一般公開されるため第三者に知られる可能性がある 売却情報は公開されないため第三者に知られる可能性はほとんどない

滞納3ヶ月以内は任意売却の絶好のチャンス!相談は早めに

これまでがんばって払い続けてきた住宅ローン。しかし、勤め先の倒産やリストラによる解雇、賃金のカットなどによって、とうとう滞納してしまった・・・。情けなさと不安、無念さなどが入り混じった心境であるかと思います。いつまでも悔やむのではなく、次なる行動を起こすべきです。

あるいは逆に、「この位の滞納は大したことないだろう」とお思いの方もいらっしゃるかも知れません。それも大きな間違いです。

上記で説明したように、住宅ローンの滞納は3ヶ月がひとつの分岐点になります。何らかの方法で住宅ローンを継続していくか、任意売却を実施するか、決断が求められます。もうひとつ、何もせず競売にかかるのを待つという選択肢もありますが、絶対にすべきではありません。

とにかくまずは、任意売却の専門業者に相談にいくことをおすすめします。

大阪でおすすめの
任意売却・リースバック業者をチェック!

いつでも相談できる大阪の任意売却業者を比較

当サイトで紹介している大阪の不動産会社の中から、任意売却に365日対応するいつでも相談可能な業者をご紹介します。またもし売却した後の生活について心配という場合に備え、リースバックに対応するところ、かつ公式HPに大阪でのリースバックの解決事例が掲載されている会社を絞ってみました。※2023年1月26日時点の調査情報を基にしています。

▼表は横にスクロールすることができます。

 
会社名 オーナーズ・プランニング

引用元:オーナーズ・プランニング公式HP
(https://www.ownersplanning.com/)

公式サイトをみる

近畿任意売却支援協会

引用元:近畿任意売却支援協会公式HP
(https://www.kinki-ninbai.or.jp)

公式サイトをみる

千里コンサルティング
オフィス

引用元:千里コンサルティングオフィス公式HP
(https://www.senri-c.com/)

公式サイトをみる

ライブプロパティ

引用元:ライブプロパティ公式HP
(https://live-property.biz/)

公式サイトをみる

エイミックス

引用元:エイミックス公式HP
(https://a-mics.com/)

公式サイトをみる

任意売却のサポートの特徴
  • 自宅にそのまま住むことができるリースバックの実現に注力。買い手が見つからなかった場合には、同社が買主となってくれる措置もある。
    ※リースバックとは、売却後も買主に使用料を支払いながら、そのまま物件を使用できる方式。再購入も可能。
  • 引っ越し費用や生活資金を捻出するための債権者との交渉にも対応。
  • オーナーズ・プランニングが所有している賃貸物件を引越し先として提供できる。
  • 住宅ローン以外の債務整理も、提携している司法書士事務所などとともにバックアップ。
  • スタッフ全員が「任意売却アドバイザー資格」を保有。
  • メールだけでなく、電話での相談も年中無休で対応。また、LINEでの相談にも対応しています。
  • 自宅の査定は訪問して行いますが、直接自宅に来てほしくない場合は机上で査定することもできます。
  • 年間100件(※)の相談実績があり、経験とノウハウを蓄積しています。
  • 大阪府、兵庫県を中心に近畿地方の任意売却、リースバックなどに対応。大阪市の北区、平野区、都島区、兵庫県神戸市にオフィスや相談室があり、最寄りのオフィスで相談が可能です。
  • 提携の税理士や司法書士などに専門的な相談を無料で行えます。

※参照元:近畿任意売却支援協会公式HP(https://www.kinki-ninbai.or.jp/corporate/)2023年1月26日調査時点

  • 買い手が見つからない場合、同社が自ら買主になることも可能。
  • 住宅ローン以外の債務整理の相談にものってくれる。
  • 社歴は短いながら、メディアにも多数取り上げられている。
  • 「任意売却専門相談室」を大阪、神戸、京都に常設運営。
  • 専門スタッフが無料で相談に対応。電話だけでなくメール・LINEでの相談も可能です。
  • 日本全国に対応。関東や関西、福岡での解決事例が豊富です。
  • 任意売却をするにあたって必要となる税理士や司法書士などの専門家と提携しており、幅広い相談に対応できます。
  • 任意売却と同時にリースバック契約を結ぶことも可能です。
  • 多くの金融機関との交渉実績があり、金融機関名を公式ホームページで紹介しています。
  • 任意売却を専門に扱う創業20年の不動産会社です。
  • 土日祝日も休まず年中無休で無料相談に応じています。LINEやメールでの相談も可能です。
  • 自宅や近隣などでの出張訪問相談やオンライン相談にも対応。出張訪問も無料で行っています。
  • 不動産販売だけでなく債権者との交渉や残債圧縮、返済交渉にも対応。
  • 東京や大阪、名古屋に事務所があり、相談室も大阪や東京、埼玉、神奈川、千葉などに設置しています。
大阪のおすすめ任意売却業者5選
住宅ローン滞納のお悩みにアドバイス!家をなくす前に、任意売却業者に相談を

住宅ローンの支払いが滞ってしまったり、支払いが厳しくなってきたときは、すぐに任意売却専門の業者へ相談しましょう。状況次第では、今の家に住み続けることも可能です。大阪で信頼できる業者をご紹介いたします。

大阪のおすすめ任意売却業者はこちら

いつでも相談できる大阪の任意売却業者5選