大阪のおすすめ任意売却業者4選 » 相談前におさえておくべき任意売却の基礎知識

公開日:|最終更新日時:

相談前におさえておくべき任意売却の基礎知識

任意売却の相談に先立ち、予めしっておきたい、メリットとデメリット、競売との違い、流れや費用、依頼する業社の選び方といった点にスポットを当ててご紹介していきたいと思います。

任意売却の相談前に、知っておくべきあれこれ

端的に言ってしまいますと、任意売却とは住宅ローンが払えない状況に陥ってしまった際に、何もせず競売にかかるのを待つのではなく、債務者が自らの意思で物件を売りに出すということになります。

この任意売却を行う一番のメリットとしては、競売では市場価格よりも低い値段で買い叩かれてしまうのに対し、任意売却ならばより市場価格に近い値段で売却することが可能です。その他にも様々なメリットがあります。

一方、デメリットとしては債務者の一存では行えず、債権者や保証人の同意が必要なことや、債務者個人ですべてを行うのは困難なことなどがあります。

競売との違いは、売買価格面のほかに、理解ある買主に買い取ってもらい、賃貸住宅として住み続ける方式(リースバック)も可能であるという点。

また、任意売却は通常で2ヶ月から6ヶ月の時間をかけて行われ、色々なステップをひとつずつこなしていく必要があります。

費用面においては、事前に用意しなくてはならないということはなく、物件を売却できた場合、その金額から所定の割合を支払う成功報酬方式になっています。各項目ページでは、上記で説明した事をより詳しく掲載していますので、ぜひご覧になられてください。

メリットとデメリット

住宅ローンの支払いが困難になった場合、選択肢として競売に掛けるか任意売却を行うかという2つが考えられます。ここでは、任意売却を行うメリットや、その際に注意しなければならないデメリットについてまとめています。

競売との違い

競売と任意売却では、結果として我が家を手放すことに変わりはありません。ですので、多くの人が行政や債権者に言われるがままの方法をとってしまいがちになります。しかし、競売と任意売却では過程が大きく異なります。競売と任意売却の違いを知り、きちんと自分を守れるようになりましょう。

かかる費用

任意売却を行う理由の多くが経済苦ではありますが、それを行う際にもお金がかかるのです。ただし、多くの業者では「相談無料」「成功報酬」といった形をとっています。大阪で任意売却を行う際に参考にしたいお金の話についてまとめました。おすすめの業者もピックアップしてるので是非チェックしてください。

任意売却の流れ

競売では債権者の意向で自分が知らない間にモノゴトが進んでいきます。しかし任意売却では、自分が主体的に行うので、事態の把握が容易です。ここでは、任意売却を専門業者に任せた場合の流れについて解説していきます。債権者にもスケジュールの説明がしやすくなるので、参考にしてください。

業者選びのポイント

任意売却は、弁護士・不動産業者・司法書士など、多くの業種・業者が取り扱っています。母数が多くなれば悪徳業者も多くなるのが自然ですよね。ここでは、どんな業者が優良なのか、その見極めのポイントを解説していきます。

住宅ローンがあっても売却できる?

いざ「家を売ろう」と思っても、「住宅ローンが残ってるのに、勝手に売っていいのかな」と疑問に思う方もいるかと思います。そもそも住宅ローンは、銀行から借りている場合は「家を担保にお金を借りている」状態です。つまり、勝手に売ってはいけません。ここでは、家の売却と住宅ローンの関係について解説していきます。

任意売却とは

任意売却は、一般的な不動産売却とは少し違う特殊な売却ケースである点も特徴です。主に住宅ローンの返済が滞ってしまった場合など不動産を手放す必要が考えられるときの手段の一つが任意売却です。

また、住宅ローン滞納により不動産を手放さなければならないケースである競売などと比べて、不動産所有者にもメリットのある方法とされています。

一般の不動産売却との違いもしっかり理解し、自分の所有する物件を売却する際に任意売却にあたるのかも知っておく必要があります。

ここでは任意売却の基本について紹介しているので、チェックしみましょう。

任意売却できないケース

任意売却は、無条件に可能な売却方法ではありません。

実際に任意売却をしようと思ったときには既にできない状況となってしまうケースも多々あることも覚えておきましょう。所有する不動産の状況や住宅ローンの滞納状況などによっても、スムーズに任意売却を進められるケースとそうでないケースがあります。

任意売却するにあたっては必要な条件に注意しながら、早めに対応することがポイントといえるでしょう。

ここでは、任意売却できないケースや任意売却が不成立となるケースについて紹介しています。

一般売却との違い

任意売却は、一般売却とは異なるものです。一般売却の場合、自分自身の意思で自由に売却できるのですが、任意売却は債権者からの同意を得る必要があります。しかし、主な債権者である金融機関の同意さえ得ることができれば、住宅ローンの残債が売却価格を上回っている場合であっても売却することが可能です。他にも両者の違いについて詳しく解説しています。

任意売却をした後の残債はどうする?よくある疑問と対処方法

任意売却をした後、残債がどうなるのかだけではなく、ローンはどうなるのか、毎月の返済額はどうなるのかなど、疑問もあることでしょう。これらのよくある疑問の答え、さらには問題を解決するためのヒントをまとめています。

固定資産税を滞納していても任意売却はできる?

固定資産税を滞納している物件の任意売却は難しいと思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、実際には固定資産税を滞納していても任意売却は可能です。差押登記されていても売却できるシステムとなっているのですが、滞納状態にある中で任意売却を行う場合には、気を付けるべき点がいくつかあります。また、実際に差押登記されている物件の任意売却の方法についてもまとめています。

収益物件も任意売却できる?

収益物件は任意売却することができます。しかし、一般的な売却とは異なる点があります。大きな違いとして、債権者からの同意を得る必要があることがあげられます。債権者からの同意を得なければ、収益物件を任意売却することはできません。そして、不動産業者側も売却されないような工夫を凝らしています。その一つがサブリースです。不動産投資のデメリットをカバーできるとの触れ込みですが、任意売却の時には注意しなければならない点があります。

大阪のおすすめ任意売却業者4選
住宅ローン滞納のお悩みにアドバイス!家をなくす前に、任意売却業者に相談を

住宅ローンの支払いが滞ってしまったり、支払いが厳しくなってきたときは、すぐに任意売却専門の業者へ相談しましょう。状況次第では、今の家に住み続けることも可能です。大阪で信頼できる業者をご紹介いたします。

大阪のおすすめ任意売却業者はこちら

いつでも相談できる 大阪の任意売却業者4選