大阪のおすすめ任意売却業者5選 » 相談前におさえておくべき任意売却の基礎知識 » 一般売却との違い

公開日: |最終更新日時:

一般売却との違い

任意売却と一般売却ではどのような違いがあるかについてご紹介します。

任意売却と一般売却の違いとは?

まず、基本中の基本として、任意売却とはどうしても住宅ローンの支払いが困難な状態になった場合に選択するものです。ローンの滞納が続くと競売にかけられてしまうこともあります。競売を避けるための選択肢が任意売却だといえるでしょう。

自分の意思で売却できる一般売却とは違い、任意売却は債権者から同意を得ることができなければ選択できません。他にも、売買契約に関しても一般売却では売主と買主の間で合意があれば自由に決められるのに対し、任意売却の場合は債権者の同意が必要です。

具体的な売買金額についても債権者がその金額を認めなければ契約できないのです。これは、できるだけ高く住宅を売却し、そのお金を返済に充てるためとなります。

一般の売却の場合、住宅ローンの残債が売却価格を上回った場合、まだ残債があるため売却はできません。このケースでは現金で差額分を用意しなければならないのです。

これに対し、任意売却は金融機関の同意さえ得られれば住宅ローンの残債が売却価格を上回ったとしても売却できます。しかし、任意売却を検討するほど支払いが困難な状況であれば、残債を現金でまとめて支払ってもらうことは難しいですよね。

そのため、売却する金額を債権者が決定し、少しでも債権者側が損をしないような売却をしなければならないのです。

物件の引き渡し時期についても債権者の同意を得る必要があるため、自分1人の判断で好き勝手に売却できないのが任意整理だといえるでしょう。

任意売却と一般売却の違いを、表にまとめてみました。

任意売却 一般売却
選択の条件 今後のローン支払いが困難になった場合 自由(残債が発生しない場合)
売却後の残債の支払い 債権者と相談の上、生活に支障のない金額で分割支払いが必要 売却時に残債全額を現金で支払う
売却の権利 債権者が持つ 売主が持つ
売買契約 締結には債権者の同意が必要 売主と買主の間で自由に締結できる
売却の金額 債権者が決定する 売主が決められる
物件の引き渡し時期 債権者の同意が必要 売主が決められる
引っ越し費用 引っ越し費用の捻出が難しい場合、債権者が認めれば支給の可能性もある 売主が負担する
瑕瑾担保責任 瑕瑾担保席責任の免除を特約につけられる 2ヶ月間の瑕瑾担保責任を負う(雨漏り、シロアリなどの損害賠償)
費用控除 債権者の同意があれば可能 売主が売却時に負担
信用情報 ほぼ信用情報機関に名前が登録される(住宅ローンの延滞) 影響はない

任意売却は、住宅ローンの支払いが滞り、物件が競売にかかる可能性がある際に選択できる、一種の救済措置とも言える制度です。

そのため住宅ローンを組んだ金融機関(債権者)が、契約のすべてにおいて決定権を持ちます。

売却後の残債に関しては債権者と相談の上、毎月の分割支払いの金額が決まります。一般的には、5,000円~30,000円ほどになるようです。

費用控除は、本来一般売却の場合に負担する諸費用を、債権者に負担してもらえるというものです。

控除してもらえる対象は、債権者により多少異なりますが、基本的には

となっています。

滞納した税金については、必ずしも全額負担してもらえるわけではありません。滞納によって不動産が差し押さえられていた場合は、そのままであれば任意売却ができないため、差し押さえ解除のため負担してもらえる場合があります。

マンションの管理費・修繕費などの滞納分も同様です。債権者の判断により一部または全額負担してもらえることもあります。

正確にはブラックリストというものは存在しませんが、信用情報機関にローン延滞の記録が登録されること、これを「ブラックリストに載る」と呼びます。よって、一般売却とは異なり、任意売却の場合は「ブラックリストに載る」とされています。

任意売却は「住宅ローン支払いの継続が困難」と債権者に認められた場合のみ、認められます。つまり、任意売却を開始した時点ではなく、住宅ローンを滞納した段階で、延滞記録は登録されているということです。「ブラックリストに乗らずに任意売却することは不可能」と考えてください。

任意売却の方が得をするポイント

一般売却に比べると、任意売却の方が得をするポイントもあります。例えば、債権者の同意さえ得られれば引越し費用が支給される可能性があるということ。一般売却の場合は自分ですべて費用を用意しなければならないのでここは助かるポイントだといえるでしょう。

また、不動産を売却した後に購入前には気づかなかった雨漏りなどの問題があった場合、一般売却では基本的に引越し後2ヶ月間の瑕疵責任を負うことがあり修理費用を支払わなければなりません。しかし、任意売却の場合はお金に困って売却をする背景もあり、免責の特約をつけられます。

着手金など業者に支払うお金についても、任意売却は基本的に不要となっているのも大きな違いです。

ただ、デメリットもあります。一般売却であれば信用情報には傷はつきませんが、任意整理をすると住宅ローン滞納者として事故情報が信用情報機関に記録され、ブラックリストに載ってしまうのです。

このような違いについて十分押さえたうえで、任意売却を検討してみましょう。

まとめると一般売却は自分の意思のみで売却できることもあり、住宅が不要になった、買い替えすることになった、住宅ローンの残額を売却費用で支払いたい場合などに利用されています。

一方で任意売却は住宅ローンの返済に追われており、今後も引き続き返済していくのが不可能になった場合に取られる選択肢です。

住んだまま家を売るには?
大阪でおすすめの任意売却・リースバック業者
口コミ・評判をチェック!

いつでも相談できる大阪の任意売却業者を比較

当サイトで紹介している大阪の不動産会社の中から、任意売却に365日対応するいつでも相談可能な業者をご紹介します。またもし売却した後の生活について心配という場合に備え、リースバックに対応するところ、かつ公式HPに大阪でのリースバックの解決事例が掲載されている会社を絞ってみました。※2023年1月26日時点の調査情報を基にしています。

▼表は横にスクロールすることができます。

 
会社名 オーナーズ・プランニング

引用元:オーナーズ・プランニング公式HP
(https://www.ownersplanning.com/)

公式サイトをみる

近畿任意売却支援協会

引用元:近畿任意売却支援協会公式HP
(https://www.kinki-ninbai.or.jp)

公式サイトをみる

千里コンサルティング
オフィス

引用元:千里コンサルティングオフィス公式HP
(https://www.senri-c.com/)

公式サイトをみる

ライブプロパティ

引用元:ライブプロパティ公式HP
(https://live-property.biz/)

公式サイトをみる

エイミックス

引用元:エイミックス公式HP
(https://a-mics.com/)

公式サイトをみる

任意売却のサポートの特徴
  • 自宅にそのまま住むことができるリースバックの実現に注力。買い手が見つからなかった場合には、同社が買主となってくれる措置もある。
    ※リースバックとは、売却後も買主に使用料を支払いながら、そのまま物件を使用できる方式。再購入も可能。
  • 引っ越し費用や生活資金を捻出するための債権者との交渉にも対応。
  • オーナーズ・プランニングが所有している賃貸物件を引越し先として提供できる。
  • 住宅ローン以外の債務整理も、提携している司法書士事務所などとともにバックアップ。
  • スタッフ全員が「任意売却アドバイザー資格」を保有。
  • メールだけでなく、電話での相談も年中無休で対応。また、LINEでの相談にも対応しています。
  • 自宅の査定は訪問して行いますが、直接自宅に来てほしくない場合は机上で査定することもできます。
  • 年間100件(※)の相談実績があり、経験とノウハウを蓄積しています。
  • 大阪府、兵庫県を中心に近畿地方の任意売却、リースバックなどに対応。大阪市の北区、平野区、都島区、兵庫県神戸市にオフィスや相談室があり、最寄りのオフィスで相談が可能です。
  • 提携の税理士や司法書士などに専門的な相談を無料で行えます。

※参照元:近畿任意売却支援協会公式HP(https://www.kinki-ninbai.or.jp/corporate/)2023年1月26日調査時点

  • 買い手が見つからない場合、同社が自ら買主になることも可能。
  • 住宅ローン以外の債務整理の相談にものってくれる。
  • 社歴は短いながら、メディアにも多数取り上げられている。
  • 「任意売却専門相談室」を大阪、神戸、京都に常設運営。
  • 専門スタッフが無料で相談に対応。電話だけでなくメール・LINEでの相談も可能です。
  • 日本全国に対応。関東や関西、福岡での解決事例が豊富です。
  • 任意売却をするにあたって必要となる税理士や司法書士などの専門家と提携しており、幅広い相談に対応できます。
  • 任意売却と同時にリースバック契約を結ぶことも可能です。
  • 多くの金融機関との交渉実績があり、金融機関名を公式ホームページで紹介しています。
  • 任意売却を専門に扱う創業20年の不動産会社です。
  • 土日祝日も休まず年中無休で無料相談に応じています。LINEやメールでの相談も可能です。
  • 自宅や近隣などでの出張訪問相談やオンライン相談にも対応。出張訪問も無料で行っています。
  • 不動産販売だけでなく債権者との交渉や残債圧縮、返済交渉にも対応。
  • 東京や大阪、名古屋に事務所があり、相談室も大阪や東京、埼玉、神奈川、千葉などに設置しています。
大阪のおすすめ任意売却業者5選
住宅ローン滞納のお悩みにアドバイス!家をなくす前に、任意売却業者に相談を

住宅ローンの支払いが滞ってしまったり、支払いが厳しくなってきたときは、すぐに任意売却専門の業者へ相談しましょう。状況次第では、今の家に住み続けることも可能です。大阪で信頼できる業者をご紹介いたします。

大阪のおすすめ任意売却業者はこちら

いつでも相談できる大阪の任意売却業者5選