大阪のおすすめ任意売却業者5選

早めの行動が吉!任意売却の手助けサイト 大阪編

HOME » 競売通知が来たら手遅れ?任意売却のススメ » レベル2:数ヶ月滞納してしまっている

レベル2:数ヶ月滞納してしまっている

住宅ローン滞納した状況になって1~3ヶ月の場合の方に向けて、対策やアドバイスを述べていきたいと思います。

数ヶ月滞納してしまったらすぐにするべきこと


一般的には、1~2ヶ月住宅ローンを滞納した場合、郵便物や電話によって借入先である金融機関から督促がきます。この時点でやってみるべき事としては、債権者(借入先)へリスケジュールの相談をしてみることです。

「滞納している身分で、そんなわがままが通るわけがない」と判断するのはまだ早いのです。先方側に立って考えてみても、それによってちゃんと返済が続けられるならそれに越したことはないのです。お詫びの言葉を忘れないのはもちろんのこと、誠意をもって頼んでみましょう。

ちなみに、リスケジュールを行うことで返済期間の延長をする代わりに月々の返済額を減らすので、最終的な支払額はリスケジュール前より増えます。債務そのものについて減額、免除することはできません。

検討してみてリスケジュールが有効でない、あるいはリスケジュールのお願いが却下された場合は、任意売却の手続きに速やかに入るべきです。

また、ここで注意すべき点がひとつ。住宅ローンの借り入れ先によって、競売にかかるまでの時期が異なります。都市銀行や信用金庫からの借り入れの場合は、3ヶ月滞納しかつ督促を無視した場合、競売手続きを行使されるというケースが大半です。

もたもたしていると、任意売却の手続きに移行したくてもできない事態になりかねません。できるだけ速やかに対処すべきです。

なお、住宅金融支援機構からの借り入れの場合は多少余裕があり、競売に進むのは6ヶ月滞納が目安となっています。もちろんだからと言ってのほほんと していていい訳ではありません。くり返しになりますが、任意売却は早く行動を起こすほど、よい結果になりやすい傾向があります。

住宅ローンを滞納・・・3ヶ月が岐路の目安

これまでがんばって払い続けてきた住宅ローン。しかし、勤め先の倒産やリストラによる解雇、賃金のカットなどによって、とうとう滞納してしまった・・・。情けなさと不安、無念さなどが入り混じった心境であるかと思います。いつまでも悔やむのではなく、次なる行動を起こすべきです。

あるいは逆に、「この位の滞納は大したことないだろう」とお思いの方もいらっしゃるかも知れません。それも大きな間違いです。

上記で説明したように、住宅ローンの滞納は3ヶ月がひとつの分岐点になります。何らかの方法で住宅ローンを継続していくか、任意売却を実施するか、決断が求められます。もうひとつ、何もせず競売にかかるのを待つという選択肢もありますが、絶対にすべきではありません。

とにかくまずは、専門業者に相談にいくことをおすすめします。

 
大阪のおすすめ任意売却業者5選