大阪のおすすめ任意売却業者5選 » 競売通知が来たら手遅れ?任意売却のススメ » 住宅ローンが支払えない場合はプロに相談

住宅ローンが支払えない場合はプロに相談

住宅購入の際に利用する住宅ローン。借り入れ当初は、返済が可能なようにローンを組間れるかと思います。しかし、その後の経済状況の変化などによりローン返済が困難になることは珍しいことではありません。

ここでは、住宅ローンが滞ってしまう理由やその場合に相談すべき先について紹介します。

住宅ローンの審査のワナとは?

住宅ローンは多くの金融機関で取り扱う商品のひとつです。住宅ローンでの融資額の決定は、返済能力によって異なります。この返済能力は、年収をもとに想定されています。年収は信用力という見方もでき、大手企業に勤めて安定した収入を得ている人などは思いのほか高額な融資を受けることも可能です。

しかし、住宅ローンは30~35年と長期間に渡るものがほとんど。何十年先まで同じ状況、年収は右肩上がりという人ばかりではありません。

では、収入額に対する返済額はどのように考慮すべきなのかもチェックしみましょう。

無理のない返済率は?

一般的に金融機関では、年収倍率5倍とし返済比率30~35%となるよう最大融資額を決定しています。しかし、実際には返済比率20~25%が理想的な借り入れと言われています。

もし、最大額での借り入れをした場合、年収の35%がローン返済に充てられるわけです。当然毎月の返済額分の負担として、生活を圧迫する可能性も懸念されます。

住宅ローンを組む場合は、ほかのローンの支払いや子どもにかかる費用などトータルで考えることが重要なポイントとなるでしょう。

返済比率が適正だったのにも限らず返済が困難になるケース

借入額が最大融資額でなかった場合でも返済が困難になることがあります。住宅ローンは、長期的に返済が続くローンです。ライフステージが変わることで、思わぬ事態が起こるケースも少なくはありません。

急な病気により仕事が続けられなくなる、共働きとして収入を見越していたが子育てや介護によりどちらか一方が職を失うなどという場合もあります。

子育て世帯では、子どもにより良い教育をさせたい気持ちもあるでしょう。しかし、習い事に関する費用などが膨らみ、家計の負担が増加することでローン返済が苦しくなるケースもあります。

住宅ローンを利用する場合は、想定外のことが起こる可能性も考慮した備えも必要といえるでしょう。

住宅ローン返済が困難と感じたらすべきこと

支出の見直し

住宅ローンの支払いが苦しいと感じたら、家計の収支を確認することが重要です。

収入に対して、毎月決まった支払いがどの程度なのかを把握することで無駄な支出を抑え、出費の必要性を考えるきっかけになります。

まずは自分で支出の見直しを行い、そのうえで任意売却を取り扱う会社に相談してみることがおすすめです。

任意売却専門のプロに相談

すでに自らでは解決できない状況の場合もああるでしょう。そんな時には、すぐに任意売却を専門で行っている会社へ相談してみてください。

相談したいと考えていても「任意売却がどういうものなのかわからない」「売却してからの生活も不安」という人も多くいらっしゃるかと思います。

しかし、誰かに相談するなど一歩踏み出すことのないまま強制競売にかけられてしまうことの方が今後の生活を左右する問題になりかねません。自分一人で問題を抱え込まず、プロに相談することが解決するための方法といえます。

また、任意売却は特殊な不動産売却のため、専門的に行っている会社への相談がポイントとなります。まずは、無料相談などを利用して話を聞いてみるといいでしょう。

大阪のおすすめ任意売却業者5選

住宅ローンの支払いが滞ってしまったり、支払いが厳しくなってきたときは、すぐに任意売却専門の業者へ相談しましょう。状況次第では、今の家に住み続けることも可能です。大阪で信頼できる業者をご紹介いたします。

大阪のおすすめ任意売却業者はこちら