大阪のおすすめ任意売却業者5選 » 競売通知が来たら手遅れ?任意売却のススメ

競売通知が来たら手遅れ?任意売却のススメ

住宅ローンが払えなくなってしまってから、競売を避けるために債務者が取るべき行動を、滞納状況ごとに解説、併せて実際に任意売却を行なった方々の事例をご紹介していきたいと思います。

競売を待つのはNG、速やかに任意売却を行なうべき理由

競売通知がきたら手遅れ?

結論から先に述べておきましょう。住宅ローンの支払いが困難になった場合、任意売却を行なうために行動するというのが、正しいやり方です。ただ単に時が過ぎるのを傍観し、競売にかかるのを待つというのは、言葉は悪いですが、愚の骨頂です。任意売却を行えば、競売よりも、確実によりよい結果がもたらされます。

しかしながら、住宅ローンの滞納している状況によって、任意売却の難易度やスムーズさは異なってきます。具体的には、「支払いが厳しくなってきたがまだ滞納はしていない場合」、「既に1~3ヶ月滞納してしまっている場合」、「裁判所から競売開始通知」が届いた場合」では状況が異なるため、行なうべき対応も異なってきます。

これら状況別にページを設け、より詳しく述べていますので、ぜひご覧ください。併せて、実際に任意売却を行なった方々の事例についても取りまとめました。

いざ任意売却を行おうとしても、不安や躊躇、ためらいを感じる方は多いことでしょう。そこで、実際の事例をご覧いただくことで、任意売却への一歩を踏み出すきっかけとしていただきたいと思い、大阪で任意売却を行った方の事例を集めてみました。ぜひお見逃しなく。

レベル1:毎月の支払が苦しくなってきたときは?

住宅ローンの支払いをしている方の中には、何とか滞納はしてない。しかし、これ以上払い続けるのは厳しいという、「滞納予備軍」になってしまっている方もいらっしゃると思います。そんな方は、住宅ローンの借入先への相談などをして、月々の支払いが軽減できるかなどを相談してみましょう。

レベル2:滞納が数カ月続いてしまっている場合

既に住宅ローンの支払いが滞納してしまっている方は、まず借入先へのリスケジュールの相談・検討をしてみてはいかがでしょうか?しかし、リスケジュールが有効でない、もしくはリスケジュールができない場合もあります。そんなときは任意売却をすることも視野に入れていきましょう。

レベル3:競売通知が来てしまったら

もし競売通知が来てしまったら、任意売却もすることが難しいと考える方もいるのではないでしょうか?ですが、保険会社を説得するなどして、裁判所に競売を取り下げる申請をしてもらえれば、任意売却ができる可能性は残っています。しかし、この交渉を債務者自身が行うのは大変困難なため、信頼できる任意売却専門業者を頼ってみることをおススメします。

任意売却の事例とは?

住宅ローンが苦しくなってきたけど、任意売却をするのは…、と考えている人もいると思います。ここでは実際に大阪で任意売却を行った方の事例を紹介。事例を見ることで、少しでも任意売却をすることによる、新しい可能性を模索するための参考になれば幸いです。

大阪のおすすめ任意売却業者5選

住宅ローンの支払いが滞ってしまったり、支払いが厳しくなってきたときは、すぐに任意売却専門の業者へ相談しましょう。状況次第では、今の家に住み続けることも可能です。大阪で信頼できる業者をご紹介いたします。

大阪のおすすめ任意売却業者はこちら