大阪のおすすめ任意売却業者5選 » 相談前におさえておくべき任意売却の基礎知識 » 住宅ローンがあっても売却できる?

住宅ローンがあっても売却できる?

どうしても住宅ローンの支払が困難な状態になってしまい、思い切って手放そうと考えたものの、まだ住宅ローンが残っている…といった段階でも売却ができるかどうかについてご紹介します。

家を売却したいけれど住宅ローンが残っている…

結論から言ってしまえば、住宅ローンが残っていたとしても売却は可能です。しかし、住宅ローンが残っているということは、まだ完全に自分の持ち物にはなっていないということ。このような状態で勝手に売却することはできません。

ではどうすれば良いのかというと、3つの方法があります。1つめは現金を用意してローンを完済する方法。親族でお金に余裕のある方がいればそういった方から借りて完済した上で売却する方もいるようです。

2つめは家の売却代金で残額を支払う方法。例えば、住宅ローンの残債が300万円で家を売却した際には500万円になるといったケースでは300万円で返済を行い、残り200万円は手元に入ってくることになります。

残債が少ないのであれば売却代金でまかなえる可能性は高いものの、住んでいると家の価値はどんどん落ちてくるものなのでローンの残債が多い場合は家を売却しても相殺できない可能性があるので注意しなければなりません。

3つめの方法が新しく家を購入する際に新しく組むローンに残債を組み込む方法です。こちらは買い換えローンとも呼ばれます。

ただし、買い換えローンを選択する場合は2つの借り入れをまとめることになるわけなのでどうしても総額が大きくなりますよね。つまり、ローンの審査が厳しくなるということ。

金額が膨らむ場合は買い換えローンを選択しても審査に通らない可能性があります。

任意売却なら問題ない

債務整理として任意売却をする場合は住宅ローンが残っていても問題ありません。そもそも、任意売却とは住宅ローンの返済ができなくなってしまった場合に選択できる救済措置だからです。

一般的に住宅ローンの返済ができなくなった場合、競売にかけられることになってしまいますがこれを避けるための方法が任意売却だといえるでしょう。任意売却ならば仮に売却代金が残債を下回ってしまったとしても売却が可能です。

残債が出た場合、引き続き返済をしていかなければなりませんが専門業者に依頼をすれば返済額について交渉をしてもらえるので、毎日住宅ローンのことばかりを考えて過ごすような日々からは抜け出せるでしょう。

一般的に任意売却後の残債の支払は月々5,000円~30,000円程度の無理のない範囲が設定されるので生活の立て直しができます。

大阪のおすすめ任意売却業者5選

住宅ローンの支払いが滞ってしまったり、支払いが厳しくなってきたときは、すぐに任意売却専門の業者へ相談しましょう。状況次第では、今の家に住み続けることも可能です。大阪で信頼できる業者をご紹介いたします。

大阪のおすすめ任意売却業者はこちら